通訳案内士

国家試験「通訳案内士試験」

翻訳,実務翻訳家,通訳士,特許翻訳,資格,講習,講座

通訳案内士とは、観光庁長官が
実施する国家試験「通訳案内士試験」に
合格し、各都道府県に登録した人の
ことを言います。

 

この試験に合格し登録しないと
外国人客相手に観光ガイドを行っては
ならず、アルバイトなどであっても同様とされています。


通訳案内士の受験に必要な資格は無い!

通訳案内士の試験で対応している言語は、英語、フランス語、
スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、
ロシア語、韓国語、タイ語となっています。

 

受験に特に必要な資格などもなく、国籍や年齢、学歴などは
問われません。

 

その為、日本在住の外国人が通訳案内士として活躍する
ことも可能となっています。

通訳案内士はコミュニケーション能力も大いに必要

逆に外国からツアーに同行してきた添乗員であっても、
日本において英語でガイドを行う事は違反となります。

 

しかし、日本で無償でガイドを行うのはボランティア
として認められています。

 

また通訳案内士の仕事において重要なのは、観光案内に
使用する言語能力もさることながら、

 

異文化の人を案内するということに対しての気配りや心配り、
またコミュニケーション能力も大いに必要とされています。

 

 


人気の講座マニュアル